猫も血糖値が上がる?

猫も人間と同じ哺乳類の生き物ですから、生きていくためにブドウ糖を必要としています。人間の場合、ブドウ糖は炭水化物の消化によって摂取しています。そのため人間にとって炭水化物は必須であり、その摂取を怠ると体が無理やりにでもブドウ糖を作ろうとします。これは健康寿命を考えるとまるでよろしくありません。体への負担が大きいのです。

一方で猫の場合、人間とは違ってタンパク質を消化してブドウ糖を得ています。そのため猫が炭水化物を必要性は人間ほどではありません。これは人間が雑食で、猫は肉食という違いも大きいです。何が言いたいかと言えば、猫も食事によって必ずブドウ糖を摂取しているので、「血糖値」という概念も存在するのです。

そのため、たとえ健康であったとしても血糖値が上がる事はなるべく避けたいのは猫も同じなのです。猫がもしタンパク質と同時に炭水化物を食事から摂取すると、体内で大量にブドウ糖が発生する事になります。その状態では血糖値も跳ね上がりますから、猫の膵臓へかなりの負担がかかってしまいます。猫にとって炭水化物は不要なので、なるべく与えるのを控えましょう。また、猫特有の特徴として「興奮すると血糖値が上がる」というものがあります。この特徴が原因で、実は猫を「糖尿病」と診断するのは他の動物に比べて難しくなっています。